スピニングスパイン

音楽についての雑記

音圧とマキシマイザー

マスタリングする時に気になるものとして、音圧というのがある。
でも何かいつも大げさに扱われている感じがして、自分には不可解だったりする。

 


マキシマイザーとリミッターの違い

マスタリングというと、マキシマイザーを使って音圧を上げることがあるが、単純なリミッターでも同じようなことは出来る。
リミッターの場合もゲインを上げていくと、平均的な音量は上がり、ピークが抑えられていくが、極端にかけるとコンプのかかりまくった不自然な音になる。
マキシマイザーはそこに何かしらの加工を加えて、いい感じに平均的な音量を上げるものと考えていいだろう。
なのでマキシマイザーを使わなくても、リミッターの前段に自分で何かしらの加工をして、いい感じにしてしまうのも手だ。

マキシマイザーが内部的にどうのような処理をしているのかは、メーカーによっても違うだろうし、よく分からない。
しかし、「平均的な音量を上げるためにピークを抑える」というリミッターの基礎を踏まえるなら、ピークを抑えるための加工をしているということは分かる。

 

音圧を上げるには

これを自分でやる場合、例えば可聴域を超えるような高周波数帯や低周波数帯の音をカットするとか、突発的なノイズを抑えるとかは、音楽的な内容に影響を与えないので、はじめに取り掛かるべきところだ。
次に可聴域の周波数帯の中で、必要以上に音が集まっていたすることがある。簡単にいえば低音や高音が煩すぎるケースだ。
ミックスの段階に戻れるなら、各トラックを見直してバランスを取り直してもいいが、すでにミックスダウンを終えたステレオファイルをマスタリングする場合は、EQやマルチバンドコンプレッサーなどで周波数帯ごとに加工をしてピークを抑える必要がある。
この場合は実際に聞こえている音を積極的に加工することになるので、センスを問われるというか、下手をすると変なものが出来上がってしまう。
積極的な加工といっても、マスタリングの基本的な目的は音の大きさを揃える(あるいは上げる)ことにあり、そのために何を解決したらいいかという引き算の仕事になる。

マスタリングによって音質を向上させようと考えている人もいるかもしれないが、僕の理解している範囲では「なるべく元の状態を保ったまま」平均的な音量を揃える(上げる)のが、理想的なマスタリングだと思う。

 

音圧戦争

一方で社会的な問題というか、テレビやネットなどで音楽が流れる場合に、音が大きく聞こえたほうがインパクトが大きくなるので、無理やりにでも「音圧」を上げようとすることがある。

そもそも、音圧とは?

「音圧」という言葉は、「聴覚上の音の大きさ」「ラウドネス」とか「平均的な音量」と同じ意味だ。
例えば、テレビの音量などはリモコンで調整できるが、同じボリュームなのに、大きく聞こえたり、小さく聞こえたりすることがある。
Ableton Liveのミキサーで表示されるメーターは二層になっていて、激しく動く薄い色のがピークメーター、ゆっくり動く濃い部分がRMSメーターだが、RMSメーターも人間の聴覚特性を基準にしているわけではないので、自分の耳で判断した方がいいだろう)

 

プロのマスタリングは目的によっては、「なるべく元の状態を保ったまま」という前提を無視してでも、「音圧」を上げることがあり、これは音圧戦争(=Loudness war)などと揶揄される。


僕は不思議なのだが、多くの人は音圧にやたら拘るというか、それを何か音楽の奥義みたいに勘違いして有難がったりしている傾向がある。
実際にはTPOに合わせて音圧を調整すればいいだけでは?
例えば制作した曲がCMに使われることになったなら、インパクトを残すために多少強引にでも音圧を上げればいいし、アルバムとして曲をまとめるような場合は、自然な状態をなるべく保ちながら各トラックのバランスをとればいい。


極端な話、音圧は後からいくらでも上げられるだろうし(素人)、そういうのを専門にしている人もいると思うので、音楽を作る側の人は、原曲はなるべく自然な状態にしておいた方がいいように思う。