音楽機材

デジタルとアナログ

音楽制作において、デジタルとアナログの違いが気にならない人は幸せ(または不幸)だと思う。僕はギターで音楽を始めたからかもしれないが、デジタルにどうも慣れないところがあり、アナログの環境に拘りたくなったり、やっぱりそれはそれで面倒になってデ…

音圧とマキシマイザー

マスタリングする時に気になるものとして、音圧というのがある。でも何かいつも大げさに扱われている感じがして、自分には不可解だったりする。

ハードウェア・シーケンサー

音楽用のシーケンサーというのは、入力した内容に従って自動演奏するマシンのことで、現在ではDAWと呼ばれるソフトウェアが主流だ。しかしシーケンサーにもいろいろと歴史があり、ハウスミュージックやヒップホップなどは特定のそうした機材によって生み出さ…

電子音の変遷 80~90年代のレトロ音源の魅力

ファミコンのピコピコサウンドや、ゲームセンターやレジャー施設のアーケードコーナーで鳴っていた音、携帯電話の着信メロディなど、80年代から90年代にかけて、街中にチープなデジタル音が溢れていた。素朴なものもあれば、ギラギラしたものや、繊細で美し…

アンプシミュレーターとサチュレーター

アンプシミュレーターとサチュレーター。それぞれ全然違うもののようですが、僕は案外似ているような気がします。どちらもいろいろなメーカーによるプラグインが数多くあって音作りの迷路に迷ってしまいがちなところがあります。伝説的なアナログシンセサイ…

コンピューターと仮想空間(リバーブの使い方:加筆予定)

リバーブをかけると歌が上手く聞こえるようになる、というような感じだったり、一般的にも「カラオケのエコー」として広く認知されている音響効果のリバーブだが、僕はその重要性に全く気付いていなかった。どっちかっていうと乾いた音の方が好きというのも…